トーソー(株)のグループ会社で、介護用品を開発、販売されているフジホーム(株)という会社があります。

 

先日のJAPANTEX2018でとても素敵な商品を展示されていました。

ご紹介しますね。

 

これはステッキ(杖)です。

 

よくある木目のステッキとは違い、このステッキ、よく見ると杖本体に柄があります。

柄はあのウィリアム・モリスの壁紙。

そしてタッセルの飾りが付いています。

 

華やかでおしゃれでしょう?

 

 

JAPANTEX2018のデジタルプリントブース

三宅 利佳さんの【モリスとミュシャの邂逅】にも提供されていました。

世界観にとてもマッチしていました♡

 

 

【モダンデザインの父】と呼ばれるウィリアム・モリス

 

 

 

「ウィリアム・モリス ステッキ」は

「お気に入りのインテリアを屋外でも楽しもう!」をコンセプトに、網村眞弓氏(Color Design Firm代表)の監修によって商品化されたもの。

介護用品にインテリアデザインの要素を取り入れることで、少しでも外出を楽しくし、高齢者の引き籠りを防止することが狙いだそうです。

 

「役に立たないものや、美しいと思わないものを、家に置いてはならない」

 

これはモリスの有名な言葉。

 

モノが溢れる日常、なかなかこれを実現するのって難しいけれど、

もう少しゆるく

【役に立つものや美しいものをもっと家に置こう】ならできそう。

(モリスおじさまに怒られるかしら。笑)

 

 

日々使うものならなおさら【美しいものを持つこと】は暮らし自体を豊かにしますよね。

 

 

インテリアの楽しみ方って

壁紙とか、家具とか、カーテンだけではないんだなぁって思います。

 

 

 

 

私も杖が必要になったら

こんなステキなステッキ持ちたいなぁ♡

 

 

フジホーム(株)さんのホームページはこちらから → http://www.fujihome.co.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です