【ノンクレーム】という言葉があります。

よくネットオークションなどで聞く言葉でしょうか。

 

出品者側から

この商品は中古品なのでノンクレームで、とか

配送中に何かトラブルが発生してもノンクレームで、とか。

 

 

縫製工場は絶対に【ノンクレーム】なんていう商品はお出ししません。

当然ですよね。

 

だけどね、時々イレギュラーな仕様で

お客様の方から

『ノンクレームでいいから縫製してもらえませんか?』 と言われることがあります。

正確にはお客様から直ではなくメーカーさんを通っての発注になりますので

『お客様がノンクレームで良いと仰るので見積もりしてもらえませんか?』

というような営業さんや担当業務さんからのお話があるんですね。

 

 

この生地でこの縫製ができたらきっと素敵だろうなぁとか

この生地とこの生地の組み合わせが絶対いい!!とか

イメージをふくらませていらっしゃるのはとてもわかります。

きっと意識が高いお客様でしょう。

 

 

ですが縫製工場の視点から言えば、

この生地でその縫製は縫い縮みがかなり発生するな、とか

その二種の生地の組み合わせは伸縮率が違いすぎてこちらの生地がきっと負けてしまう、とか

そういうトラブルは予想できるわけです。

 

 

不具合の予想がつくのに【ノンクレーム対応】っていうのは私はお受けしたくない。

だってそれをお受けするのはお客様想いではないから。

 

もし仮にノンクレーム了承分として縫製させていただいたとして…

お客様が思い描かれたような美しい商品に仕上がらなかったとき、やっぱり良い気持ちはされないはず。

ノンクレームでと仰っても、商品としての価値が予想より低ければがっかりされるでしょう。

 

また、こうも思います。

メーカー縫製で受け賜る以上は不具合の可能性がある縫製はしてはいけない、と。

ファブリックメーカー様の生地は良質なので、出荷後何年も商品として生きる。

そのことを考えておかないと。

お客様のもとへ出荷して終わり、ではない。

メーカー様のラベルをお付けする以上は完成された商品を、

そう思っています。

 

 

閑散期は特に一件一件の受注が貴重ですので、お客様がノンクレームと仰ればそれで受けたい営業さんのお気持ちも、もちろんわかりますよ。

縫製工場も同じですから。

 

ですが、お客様のためにお断りする、もしくは代替え案を一緒に考える

そのような対応が必要なのではないかと思います。

結局はそれがお客様想いの仕事なんです。

 

目先の一件よりも、

長く続く信頼を。

 

私はそれが大切だと思っています。

 

 

さぁ月曜日。

今週も心遣いの対応を。

心に留めて頑張ります(*^^*)

 

みなさまも良い一日をお過ごしくださいね♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です