昨日のオープンカーに引き続き

作り方シリーズです♪

 

【サワーケーキ】

私が小学生のころすごく欲しくて、お小遣いで買ったお菓子の本のレシピ。

子どもの頃からなのでもう何度作ったことでしょう。今は子どもたちも大好きで時々リクエストされるお菓子です。

上はヨーグルトのムースのような感じ。

ボトムはクラッカーを砕いて簡単にタルト台を作ります。

【材料】タルト型一皿分

[ボトム]

クラッカー 120g

バター(マーガリン可)110g

砂糖 大さじ2

 

[ムース部分]

生クリーム 1パック

ヨーグルト 2/3カップ

レモン汁 1個分

牛乳 1カップ

砂糖 100g

ゼラチン 大さじ1(5gなら2袋)

水 大さじ3

 

【作り方】

まずボトム(土台)を作ります。

①クラッカーをビニール袋に入れて砕く。

②ボトム用のバターと砂糖をレンジで温めて溶かしよく混ぜる。

③バターが溶けたところにクラッカーを入れてよく混ぜ、ラップを敷いたパイ皿に押し付けて敷き詰める。

それを冷蔵庫へ。

(パイ皿がなければ深めのお皿でも、グラスなどに一人分ずつ作ってもいいですよ)

 

次に上のムースを作ります。

④生クリームをとろりとするまで泡立てる。

⑤ヨーグルトにレモン汁を入れてよく混ぜ、④の生クリームへ加えてよく混ぜる。

⑥水大さじ3にゼラチンを振り入れてふやかしておく。

⑦牛乳を小鍋で温め、ふつふつしだしたら火を止めて砂糖を加え、混ぜ溶かす。

⑧そこへ⑥のゼラチンを入れてよく混ぜる。

⑨牛乳の粗熱が取れたら⑤に入れてよく混ぜ、冷蔵庫に冷やしておいたパイ皿の上に流し入れる。

 

よく冷やしたら完成です♪

切るときは包丁を少し温めてから切ると断面が綺麗に切れますよ。

今回は皮ごと食べられるマスカットを乗せました。

 

さぁ、めしあがれ♪

 

さてさて今日、4月10日は

【インテリアを考える日】です。

日本インテリアファブリックス協会が制定。

4月は入学・入社・新学期など新しいこと始まる月であることから。10日は「住」と「十」が同音であることからこの日に決まったそうです。

 

…というわけで、明日はきっちり仕事の事を書こうと思います。

インテリア、ではないかな。

縫製工場の視点から、防炎ラベルと補助ラベルについてまとめてみます。

 

ではまた明日。

今日も良い一日をお過ごしくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です