おはようございます。

 

今日は先日【丈クレーム疑惑】が発生した時のお話をしたいと思います。

 

『取り付け業者さんからのご連絡で、両開きの中央(カーテンの開き口)だけが長いとクレームを言われてます』とメーカーの担当者さんからお電話がありました。

その後メールでお写真もいただきました。

 

写真はお客様が携帯から撮られたようで、ブレてしまいはっきりとは写っていないのですが、掃き出し窓のカーテンを閉めた下、ほんの少しの光の入り込み具合で何となくお客様がおっしゃることがわかりました。

中央以外は光が均等に、そして中央だけ床にすれているかなという感じ。

 

急いでそのオーダーの検品記録を調べます。

記録では丈は全体的にほぼサイズぴったりの仕上がり。

※ 誤差は±0.5cmの範囲内と決まっていますので、最終検品で誤差が0.5cmを越える商品は出荷しません。(お直しできっちりと丈調整します)

 

ひとまずホッとしてご報告のお電話。

そしてお客様のご希望通り、再作成をさせていただくことになりました。

※こういう場合は一旦メーカー様の負担で再作成になり、商品を吊り変えてお戻しいただいてからの検証になります。

逆にもしうちの不手際が最初からわかったような時は、生地、加工代共に縫製工場である弊社が負担します。

 

再作成の出荷の際には丈の記録はいつもよりも細かく。私が立ち会って写真の記録も残します。

検品でメジャーを当てたお写真をメールに添付し、ご報告します。

これはうちの記録の意味もありますが、出荷前に担当さんに安心していただく意味でもあります。

再作成となるとお客様はなおのこと不具合に過敏になられますから。

 

後日、吊り替えが終わり元の丈クレーム疑惑のカーテンが戻ってきました。

ドキドキしながら採寸。

 

検品記録の通り、丈はバッチリでした。よかった。。。

またこれも写真を撮ってご報告。

 

丈は正しく仕上がっていました。

ではなぜ今回中央が長い、ということになったのでしょう。

 

それはね

レールが歪んでいたから

なのです。

 

今回のお客様は新居ではなく吊り替えのお客様だったそう。

床から1センチ上がりでの採寸をされていたようです。

全体的に丈は正しいカーテンが中央だけ床に擦る。その原因として考えられるのは取り付け位置、レールの歪みです。

 

洗濯物を部屋干しにされる際、レールに引っ掛けられることはないですか?

お子様がカーテンを引っ張って遊ばれることはないですか?

すぐに問題が起きなくても、そういった重みが長年かかるとレールにも歪みが出る場合があります。

 

新しいカーテンをお求めの際、

レールの端の丈だけでなく、中央の丈も測っていただけると歪みがあるかないかがわかります。

 

カーテンを迎える準備はまずレールの準備から。

 

よろしくお願いします(*^^*)

 

 

今日もお読みくださりありがとうございました。

良い一日になりますように♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です