昨日の東播大会。

 

1試合目の対戦相手は新人戦で2位、県大会にも出たことのある強豪校でした。

危ない場面もあったけど無事勝利。

もう、その試合中

私何度も息が止まりそうになる。

 

あー水分とらなきゃ。喉がカラカラ。

(何にもしてないのに。笑)

 

 

そして

1試合空くので持ってきたおにぎりを軽く食べて、心落ち着けて

(何もしないのに。笑)

 

 

2試合目。

相手はこれまたかなりの強豪校でした。

これまで練習試合で何度か対戦していますが、

一日中練習試合して数セットとれたかどうか?くらいの

正直互角とは言えないほど強いチーム。

 

 

1セット目 取れた時には

このまま勝つんじゃないかと期待で胸がいっぱいだった。

だけど相手は本当に賢いチーム。

2セット目はこちらの弱点を的確に突かれました。

苦しかったね。

1セットずつとって、

最終セットにもつれます。

 

 

途中までは優勢。

お互い攻めのラリーが続きます。

 

だけど気がつけばもう後がない状況で。

 

 

ミスが許されない状況でのサーブ

それでも勝負かけたスパイク

おねがい!と必死であげたレシーブ

そしてベンチのスタンドの応援。

 

あの場の祈るようなエネルギーは

とてつもなかったと思う。

 

結果は負けてしまったけど

諦めずに最後の最後まで自分たちのバレーをしました。

本当に頑張ったね。

 

 

最後にキャプテンがスタンドに向かって選手を整列させ

 

応援してくださって

ありがとうございました!

 

声をつまらせながら

だけど精一杯大きな声で。

そして皆深々と頭を下げました。

選手たちの目には大粒の涙。

 

 

私たち保護者は

お疲れさまでした!

と大きな拍手を送りました。

 

力いっぱい拍手をしながら

私も子どもたちの姿が滲みました。

 

その滲む視界からしか見れなかったけれど

確かにその姿、その涙は

とてもキレイで、輝いていました。

 

 

惜しくもベスト4には上がれなかった。

でもどの子にも金メダルをあげたいです。

感動の試合を本当にありがとう。

 

 

3年生はこれで引退。

そして娘たちの代に変わります。

1年後にまたこんな感動を自分たちの力で味わえるよう、これから1年頑張ってほしいです。

 

 

↑おねぇちゃんたちの間にちゃっかり入って応援する次女。横断幕で見えないと文句を言い、1人だけ台に乗ってます。

 

次女も声を振り絞って応援し、

帰り道は 即効 ちーんzzzでした。笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です