澄みわたる青空の下、先日上棟させていただきました。
お施主様は30代の男性です。
とっても穏やかな方。
口数は多くはありませんが、マスク姿でもわかるほころんだお顔にとても嬉しくなりました。



建築に関わるお仕事をするまで
注文住宅というものは新婚さんや若いご家族が建てられるものだと思っていました。
これは大変偏った見解。


それぞれにライフスタイルが違っていて
それぞれにタイミングがあります。

結婚を目標としない、通過点としない生き方もあります。
(そういう私なんて通り過ぎてシングルだもんね笑)



30代のお施主様はプロの独身。


何がプロかと言うとね

ご自分お一人で生活していくための性能にとてもこだわっていらっしゃいました。

ローメンテナンスでストレスフリー
それがお施主様の一番のこだわりでした。


今まで扱ったことがない遮音材とか
聞いたことがなかったお高い屋根材とか
採用されたことのない設備のオプションとか…
その場ですぐお答えできず、宿題にさせていただいたことも多々ありました。
お見積もりをご提示したり、調べた資料でご説明させていただいて、採用されたものもされなかったものもありますが…

私がこの方と打ち合わせをさせていただく中で
学んだこと。



人にはそれぞれ
マイホームを持つタイミングがあり、
重きを置くポイントがあるということ。

例えば100人いて、その内の99人が選ばれるものも
当のお施主様は選ばれないかもしれない。

決め手はもっと別のポイントかもしれない。



主観を抜いてヒアリングをさせていただくことを大切にしていたつもりでしたが
あーまだまだだな、って思いました。

それから、お施主様のこだわりのおかげで色々と調べることができたこと、本当に感謝しています。


こだわりの平屋
〜ほんの少しの遊び心を添えて〜


素晴らしいお家がとっても楽しみです!





#お家を建てるタイミング
#それは本当に人それぞれ
#大切にされるポイント
#それも本当に人それぞれ

#ライフスタイルって変わってゆくものだから
#将来結婚されるかもしれないよだけど
#今だっていうタイミングで来てくださって
#私にそのご縁をいただけたなら
#そのタイミングでベストなことをさせていただこうと
#改めて思いました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です