今日はマイホーム購入をお考えの方へ

ちょっと真面目な消費税のお話と

私が思うマイホーム購入のタイミングのお話です。

 

 

2019年10月

消費税が10%に引き上げされることが決まりました。

 

物やサービスを買うときにかかる消費税は、住宅を買うときにもかかります。

消費税増税に伴って、住宅を購入する際にはどのような影響があるのでしょう。

 

 

住宅価格のうち土地代は非課税。

課税されるのは新築マンションや一戸建ての「建物分の価格」となります。

 

今現在、消費税が8%の状況ですと

例えば価格4000万円の物件のうち、建物分の価格が2000万円なら

消費税額は「2000万円×8%=160万円」

税込価格は4160万円となります。

 

税率10%になったときの

消費税額は「2000万円×10%=200万円」

税込価格は4200万円となり、増税によって単純に40万円負担が増えることになります。

 

 

また住宅購入の際にかかる費用は建物代だけではありません。

 

住宅ローンの申込手数料

エクステリア(外構)の費用

照明や家具、カーテンなどの購入費用

引っ越し費用

 

 

ひゃー!

考えただけでもかなりの跳ね上がりになりそうですよね。

 

 

注文住宅は請負契約後に内装などの打ち合わせを重ね、引き渡しまでに少なくとも半年ほどかかります。

 

そのため「経過措置」というものがあります。

 

【住宅の契約・引き渡し時期と消費税率】

① 契約、引き渡しともに2019年9月末まで

⇒消費税率8%

 

② 契約は2019年3月末まで、引き渡しは2019年10月以降

⇒消費税率8%

 

③ 契約は2019年4月以降、引き渡しは2019年10月以降

⇒消費税率10%

 

良い条件の土地はすぐに売れてしまい、需要が多い人気の地域は土地価格が上昇するため、

もし増税までに土地購入からお考えの場合は

早めのご検討をお勧めします。

 

また、たとえ土地をお持ちでも建築需要が増えてくると職人不足により人件費が高騰したり建築資材が高騰します。

増税までに、ということであればどちらにしても早め早めに動かれた方が良さそうです。

 

 

 

…で、

ここからは私の個人的な意見をお話させてくださいね。

 

税率だけで考えると、お話したように増税に伴って負担はかなりの増加になるわけですが、

 

正直にお話すると私は

増税だから、といって何がなんでも今が一番の買い時!!とは思いません。

 

 

それぞれのご家族のライフプランがあり

タイミングがあり

思いもおありでしょう。

 

ただ、

資金面での負担は大きいことは確か。

 

正しい情報を収集し、それも踏まえた上でタイミングをお考えいただくことが大切かと思うのです。

 

情報を知る。

その上で最終的な判断をされるのは、

工務店でもなくハウスメーカーでもなく

マイホームを建てられるお客様ですから。

 

タイミングを逃した!と後悔はされないように、情報収集してください。

何ごともベストなタイミングで訪れます。

 

 

今日も良いお天気です。

秋の空は優しくて気持ちがいいですね(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です