私が今の会社に入った時、もう20数年お勤めの御局様がいらっしゃいました。

きっとご自分にとってはカーテン縫製の事務というお仕事は当たり前の日常だからでしょう。そんな彼女に【丁寧に】教えていただいた記憶はありません。

わからないことはこちらから尋ねるのですが、最初なんてわからないことだらけなわけで、いちいち彼女の手を留めて聞かないといけないわけです。とても気が引けました。
だからといってわからないまま現場へ指示を廻してしまうと縫製のミスにつながるわけですから、毎日毎日タイミングを見計らって尋ねていたことを思い出します。

カーテン屋さんのブログにも色々教わりました。わからないことはカーテン夢工房の小嶋社長のブログを探せばだいたい答えが見つかりました。
それからニトリさんやびっくりカーテンさんのお客様向けのページにもよくお世話になりました。

とにかく知識が欲しかった。

早く一人前の仕事ができるようになりたかった。
そんな思いで夢中にカーテンに関する情報を集めました。

 

自分の中で【当たり前】になると、それをまだ知らない【0】の人に教えるということは難しいものです。
でもきっといつか私が教えるという立場になった時、相手が理解できるところまできちんと戻って教えてあげようと、心に決めていました。

昨日事務所のアルバイトの子と2人きりになった時間があり、生地を畳んでいたその子が突然、『私…津瀬さんに教えてもらってなかったら早くに辞めてたと思います。すごくわかりやすく教えていただけるから頑張ろうって…ありがとうございます。』って少し頬を赤らめ話してくれました。

 

とっても嬉しかった。

だってそれは7年前に私が求めていたことで、私が事務所をまとめるようになってからずっと気をつけてきたことだったから。

 

そして改めて
初心に戻った気分でした。

 

自分の仕事を傲るんじゃないよ、これからもそれを心に留めておきなさい、と神様に言われたような気がしました。

 

あの頃の気持ちを忘れずに。
自分の仕事を傲らずに。

 

はい。

今日も1日、頑張ります!

たんぽぽ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です