新築のお家を建てるとき

もちろん

フロアの色、質感とか

壁紙はどんなものを選ぶか、とか

キッチンや洗面台などの設備はどうしよう、とか

 

見える部分はみなさん

とってもとっても気合いを入れて

打ち合わせにいらっしゃいます。

 

インスタやピンタレストで検索して

こんな感じにしたい!

と見せてくださる方もいらっしゃいますし

イメージだけお話しいただいて

私がご提案することもあります。

 

 

色とか、質感とか

見える部分ってもちろんとっても大事。

 

家族みんなが帰ってきたくなる

大切な人を呼びたくなる

お気に入りの内装にしましょう♡

 

 

そして、壁紙を決めるほどワクワクはしないかもしれないけれど

そこで生活する為にとっても大切なこと。

 

電気コンセントの位置や数、

照明のプランニング。

 

 

私が電気関係の打ち合わせをさせていただくときは

お話しやすいように

まずたたき台の電気図をお作りします。

 

これはあくまでも私のイメージ。

 

私だったら…

ここにダイニングテーブルを置いて

ここにソファかな。

テレビが向かい合わせの壁に配置になるだろうから

この壁はコンセントは4口いるかしら。

 

ダイニングテーブルのそばのコンセントは

きっとホットプレートを使うだろうから、

ブレーカーが落ちないように専用コンセントにしておこう。

 

廊下には掃除機がけに困らないように

ひとつコンセントが必要かな。

 

 

こんな感じで生活のイメージをしながら

電気図面を作ります。

 

 

ただ、私がイメージをいくら膨らませても

住まわれるのはお客様。

 

私が予想しなかった家電があるかもしれないし、

納戸と言われてたお部屋がパソコン部屋になるのかもしれないし、

今お使いの照明を新居に持って行かれることもあるでしょう。

 

 

私はお客様にたたき台の電気図面をお渡ししてご説明し、

一度持ち帰って家具や家電の配置を考えてきていただきます。

 

これはなかなか難しい宿題ですが

しっかりと生活のイメージをして電気配線を考えるのとそうでないのとでは、

実際生活するようになった時の住み心地が違ってきます。

 

 

コンセントなどの配置を考える際の

ポイントをいくつかお話したいと思います。

 

まずは、

【玄関】

 

• 玄関収納(げた箱)がローカウンターの場合、その上にコンセントは要りませんか?

例えば水槽を置く場合、ぶくぶくの為のコンセントが必要かも。

 

• クリスマスツリーを玄関に飾る場合は下の方にもコンセントが必要でしょう。

ツリーの置き場所を考えて、コードが動線をまたがないようにしましょう。

 

• 何か充電が必要な外用の家電はないですか?

土間収納がある場合はそこにコンセントがひとつあれば助かるかも。

 

• スイッチのお話。

玄関の照明やポーチの照明のスイッチ、門柱用のスイッチなど、玄関は意外とスイッチが多いです。

例えば門柱の灯りがセンサーで点灯するようなものであればスイッチの操作はそうそう必要ではないですよね。

そんな場合は少し見えにくい所にスイッチを隠すのもひとつの方法です。

押し間違いを防げますし、見た目もスッキリします。

 

 

 

少しずつ、これまでのお客様との体験を思い出しながら、

場所ごとにお話していきますね。

次はリビングダイニングかな♡

 

 

 

なかなか更新していないブログですが

その間も遊びに来てくださる方々

ありがとうございます♡

 

最近は窓装飾プランナーの検索からお越しくださる方が多いみたい。

5月が受験の申し込みですもんね。

 

1年は本当に早いなぁ。

ぼーっとしてると何もしないまま終わってしまう。笑

私もがんばります。

 

またお会いしましょう。

 

それでは今日も良い一日を

お過ごしください♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です