おはようございます。

雨降りの朝です。そちらはいかがでしょうか。

 

私の朝の悩み。

長女がなかなか起きないこと!!

これが月曜日なら尚更です。

 

 

6時半よ、起きてー。

と起こしても起きない。

何度か声を掛けると

んーわかってるー。

と言いながらも動かない。

 

ずっと側で起こしてるわけにもいかないので

もう起こさないから、自分で起きてねー。

と言って一階へ降りる。

 

でもなかなか降りてこないと、気になる。

一階から

起きてるー?

と声をかけると

…うーん。

 

え?それ

絶対寝てる声やん。笑

 

起きてよー。もう知らんでー。

 

………んんー。

 

 

あはは。もういいや、ほっとこ。

 

次女の髪の毛を結んだりしているとやっと降りてくる。

 

なんで起こしてくれへんの?

ってぶつぶつ不機嫌にね。

 

いやいや、

何回起こしたと思てんねーん!

 

というのがだいたいわが家の朝のスタートです。

 

 

朝から不機嫌なのはお互いに気分が良くないもの。

親は気持ちよく送り出したいし、子どもだって気持ちよく家を出たいはず。

 

そんなことを思って

今まで【くすぐり起こし】とか

【朝ごはんに好きなもの大作戦】とか

【大きな声じゃなくて耳元で囁く】とか

いろんな起こし方を編み出してきたわけですが

(これはこれで割と楽しんでた。)

どれもイマイチ、パッとせず。

 

そこへなんと、こんな時でも8割以上の子どもが起きるようになるという声掛けの仕方を入手しました。

わぉ!ステキ!!

(残りの2割じゃなければいいけど。笑)

 

 

そんなわけでさっそく今朝から試してみてます♪

とりあえず今日はいつもとそんなに変わらなかったけど…

なんかね、実験みたいでちょっとわくわくしています。

 

まだ効果の程はわかりませんが、その方法を書いておきますね。

同じような悩みのお母さん、一緒に試してみませんか?

 

 


 

「おはよう!6時よ!」と、
明るく大きい声で一度だけ掛けます。

「おはよう」と挨拶を入れて

「起きなさい」と命令をしないことがポイント。

返事がなくても、一度だけ。

 

次に、起きて来なければ(大抵は起きない)

6時10分になったよ!と大きく明るく。

 

これも一度だけ時間の事実を言うだけにするのがポイントです。

そして、まだ起きなければ

「ご飯できたよ、6時20分!」

こんな感じで続けます。

声掛けの間は、
少なくとも10分は開けます。

 

そして、ギリギリの時間に起きてきて、子どもが

「ちゃんと起こしてよ。こんな時間じゃない!」と文句を言ってきても、

言い返しません。

 

「大きな声で◯回起こしたよ」

とサラッと言う。

「聞こえなかった。」と言われても、

「そうだった?」と言うだけ。

売られた喧嘩は買いません。

 

反抗期の子どもに言い返しても

子どもの思うつぼ。

言い合っているうちに何が原因かわからなくなることもあります。

 

 

このように大らかな対応をしていると

段々とスムーズに起きてくるようになります。

 

 

なるほどね。

 

反抗期の子どもは命令されるのがものすごく嫌いな生態だということは知っています。

でも【◯時よ】と【起きてー】は今まで無意識で必ずセットだったなぁと思って。

 

うふふ。ちょっと楽しみ。

また効果があればご報告します(*^^*)

 

 

では皆さん

月曜日、頑張りましょうね♡

 

2件のコメント

  1. おはよー!

    参考になる~(笑)
    月曜の朝は中学生、特にご機嫌悪いよねぇ(>.<)
    今朝は雨だからなおね(^-^;

    反抗されてもさらりと受け流す大人な対応が出来るようになりたい…。

    今日も一日頑張ろう!

    りん
    1. りんちゃんお疲れさま♡
      そうやねん!
      雨やから今日は起きないレベルMAXやった。笑

      りんちゃんは心広い対応してると思う。
      だって仏のりんちゃんだもの♡

      ついカッとなっちゃうんだけどね、朝だけじゃなくて【売られた喧嘩を買わない】っていうの覚えておこうと思って。
      明日も実験してみまーす♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です