おはようございます。

寒い朝ですね。

一日中こたつむりになっていたいです。

(という書き出しでした。たぶん。)

※ルパンのしわざにより、本日2回目の更新です。笑

  

さて、

今日は検索から来てくださる方が知りたいと思われることのひとつ、

地鎮祭のことを少し詳しくまとめてみようと思います。

  

 

日本では、家づくりの期間中に二度

神様へのご挨拶をする伝統があります。

【地鎮祭】と【上棟式】です。

最近では地鎮祭をされないお施主様もいらっしゃいますが、

基本的には、家を建てる前には地鎮祭を行うのが一般的です。

 

地鎮祭には、二つの意味合いがあります。

ひとつ目は、

施主様の家を建てる土地に住んでいる神様を祝い鎮め土地を利用させてもらう許可を得ること。

そしてふたつ目は、

これからの建築工事の安全と家の繁栄を祈願することです。

 

 

建築関係のお仕事や神主さんでもない限り、地鎮祭に何度も立ち会うなんていう機会はないと思います。

もちろん私も工務店に勤めるまではそうでした。

私が担当させていただくお客様も、皆さんはじめてのことなので、

【どうしたらいいですか?】と不安そうに聞かれます。

 

何も知識がなくても、当日は神主さんからの案内があり、工務店やハウスメーカーの担当からのサポートがありますので大丈夫。

 

でも、

どんな事をするの?

服装は?

玉串料の金額は?包むのし袋の表書きは?

そんなことが気になりますよね。 

 

まず今日は地鎮祭の流れをお話しようと思います。

  

【どんな事をするの?地鎮祭の流れ】

 テントや注連縄などは通常工務店やハウスメーカーの担当者が設営しますし、式の流れは神主さんが執り行って下さいますので、

当日施主の皆さんは説明のままに参列していただければ問題ありません。

簡単に式の流れをお話しますね。

 

まず、神主さんよりご挨拶や地鎮祭についてのお話があります。

それから、それぞれ時間的には短いものにはなりますが、色々な儀式が執り行われます。

  

① 修祓の儀(しゅうばつのぎ)

参列者を清める儀式です。一同が頭を下げ、神主さんよりお祓いがあります。

  

② 降神の儀(こうしんのぎ)

祭壇に土地の神様をお迎えします。

神主さんが『オオー』と声を上げられ、神様が降臨される儀式です。

 

③ 献饌(けんせん)

お酒・お水の入った容器のふたを開け、神様にお供え物をささげる儀式です。神主さんがされますので施主の皆さんは見ておられるだけで大丈夫です。

 

④ 祝詞奏上(のりとそうじょう)

土地の神様に工事の安全や未来永劫を祈願します。神主さんが施主様や施工業者の名前を含めた祝詞を読み上げられます。

 
 

⑤ 清祓い(きよはらい)

土地の四隅に切麻をまき土地を清めます。

 

⑥ 地鎮の儀(じちんのぎ)

これは施主の皆さんにもしっかりとお役目がある儀式になります。(下の太字部分)

刈初め(かりぞめ)の儀…設計者が鎌で忌み砂の草を刈る

穿初め(うがちぞめ)の儀…施主様が鍬で砂を起こす

地均し(じならし)…施工者が鋤で砂を均す

鎮物埋納(しずめものまいのう)の儀…鎮め物を納める

 

⑦ 玉串奉奠(たまぐしほうてん)

参列者が交代で二礼二拍手一礼を行い、玉串を納めていきます。

方法は神主さんより説明がありますので知識がなくても大丈夫ですし、小さなお子様もお父さんやお母さんと一緒にしていただいて大丈夫です。

 

⑧ 撤饌(てっせん)

お酒とお水の器に蓋をして、神様へのお供え物をお下げします。

 

⑨ 昇神(しょうしん)の儀

神様に戻っていただく儀式です。降神(こうしん)と同様に、神主さんが『オオー』と唸るような声を出されます。

 

⑩ 神酒拝戴(しんしゅはいたい)

お神酒をいただきます。供え物のお神酒や神饌をいただくという意味で「直会(なおらい)の儀」とも言います。

 

神主さんよりお話があり、地鎮祭は終了です。

 

その後祭壇にお供えしてあった塩・お神酒・お米を施主の皆さんで土地の四方に撒いていただきます。

果物や野菜などはご自宅で召し上がりましょう。

分からないことは遠慮なく神主さんや施工業者の担当者さんへお聞きになってくださいね。

 

夢のマイホームへの最初の儀式です。

ぜひその後ご家族で写真も撮っておいてください。

 

さて、明日は服装や熨斗袋の書き方についてお話しますね。

  

 

やれやれ。書けた。

これで寝られるー。笑

メール登録して下さってる皆さん、遅くにすみません。

お付き合いありがとうございました♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です