私には娘がふたりいます。
この4月から中二になるお姉ちゃんと小3になる妹。

 

次女とお風呂に入っていた時のこと。
大きくなったら何になりたいのか、っていう話で盛り上がりました。

娘は韓国に住んで(TWICEっていう韓国のガールズグループが好き)

アイスクリーム屋さん(もちろんアイスクリームが好き)になりたいらしい。
目をキラキラ輝かせて話します。

子どもの頃の夢ってものすごく純粋でわかりやすいです。

これが好き、だからこうしたい。

そして今の【好きなもの】を越える新しい【好きなもの】ができると夢も変わります。

 

この子がまだ保育園のころ。

とってもおチビちゃんでおまけにムチムチ、肌は真っ黒に日焼けしていました。
そんな次女の保育園のお誕生日カード、
将来の夢のところに【モデル】と書いてあり、思わず笑ってしまい、めちゃくちゃ怒られてひたすら謝る、という事件もありましたが…

 

夢を持つのは自由。
こうなりたいんだって誰かに話すのも自由です。

大人になると
夢ばかりをみてはいられず
なかなか【こうなりたい】を簡単に口に出せなかったりします。

自分の能力では叶わないと思うようなこともあるでしょう。
あるいは環境がそれを難しいと思わせるかもしれません。

 

でも絶対に夢は声に出した方がいい。
紙に書いてみる、それだけでもいいんです。

自分の思いの中からアウトプットした途端に、自分がどれくらいそれを望んでいるのか、自分がどれくらい具体的にそれをイメージができるのかがわかります。

一気に夢が自分自身に近い存在になります。

 

その日はお風呂で娘の将来の夢を聞いた後、
ママはね…って私の夢を娘に話しました。

娘は自分が夢を話した時と同じように、また目をキラキラさせて、うんうんと聞いてくれました。

それはそれは楽しい長風呂でした。

 

夢をもつのは楽しい。
そして夢を語るのはもっと楽しい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です