おはようございます。

インテリアコーディネーターの津瀬です。

 

今日は 小さいけれどインテリアに大きく影響する部材

巾木(はばき) (幅木とも書きます。)

のご紹介をしたいと思います。


「巾木」あまり馴染みがない言葉ですよね。

でもね、見ていただくとすぐにわかりますよ。



じゃん!


いかがですか?

今お住まいのご自宅にもありませんか?

壁の一番下部に付くこの部材=床と壁の見切り部材、これを巾木と呼びます。



では、巾木ってどんな役割があるんでしょうか?




ひとつ目は壁を守る役割です。

床と壁が出会う部分は、実はとても衝撃を受けやすい箇所です。

掃除機をかける時にヘッドがぶつかったり、小さなお子さんが走り回ってぶつかったり、

時にはおもちゃが壁にぶつかる事もあります。


そういう衝撃を防ぐために巾木をつけます。


最近はルンバを使われる方も多いですね。

彼はとても穏やかでスマートなので掃除機ほど派手にぶつかることはないそうですが。笑

巾木は色んな衝撃から壁を保護してくれます。



そしてもうひとつは壁と床の間の「遊び」を隠すという役割です。


ん?遊びってなに?

ですよね。


もし壁と床をピッタリとつけてしまうと、壁や床が…例えば地震などで動いたときにも力が逃せません。

人間で例えるなら、ガチガチに固い股関節より、くるくると回る股関節の方が怪我しにくいのと同じ。

おうちに柔軟性を確保する為に建築にはこういう施工が欠かせません。


このほんの少しの隙間を【遊び】と言います。



ただこの隙間が丸見えだとゴミや埃がたまりやすくなり、美しくありません。

そのため巾木を付けてお化粧をしてあげるのです。





役割はわかっていただけましたか?

 


ではお色の選び方。

壁や床に対しては本当に細い部材ですが、巾木のお色によってかなりお部屋の印象が変わります。


施工例見ていただきますね。



まず
濃いお色の巾木を付けたパターン↓

こちらは窓枠も濃くしました。

全体的に落ち着いた印象のこのお部屋はご主人のお部屋でした。

 



次は壁に合わせて白い巾木にしたパターン↓

写真が小さくて見えにくいかもしれませんが、

スッキリと軽い印象に仕上がっています。

こちらは子どもさんのお部屋でカーテンなどにお色をたくさん使うので、なるべくシンプルに整えた事例です。


いかがですか?



巾木にお色をつけると落ち着いた雰囲気に

巾木を白で整えてあげると清潔感のあるスッキリとした印象に感じられたかと思います。



床が濃いめのお色、アクセントクロスも濃いめのお色で選ぶ場合などはしっかりとイメージすることが必要です。

あまり主張させないようにと白の巾木で選んで、かえって主張してしまうことがあります。


細い部材なのでなんでもいいや、となりがちなんですが

(私のお客様も津瀬さんに任せますーみたいな方多いです。笑)

お部屋の印象を左右する小さな力持ちです。

ぜひぜひ細かい部材までこだわって選んでみてください。

もちろんお部屋ごとにも変えられるので、寝室だけ濃いお色にする、なんていうコーディネートもありですよ♡



 

インスタでは同じく巾木のことを投稿しています。

巾木選びの参考になりそうな施工事例をあげていますので良かったらそちらもご覧ください^^

→ Instagram:hitomi_tsuse

 

今日は祝日ですね。

お仕事の方もお休みの方も、良い一日をお過ごしください。

私は 打合せ→ショールーム と走り回ってきます!

 

それでは、また♡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です