2019年12月8日(日)

インテリアコーディネーターの二次試験を受けてきました。

去年の一次試験不合格に涙してから1年。

 

暇さえあればテキストを開き

書きたいブログもお休みして時間を捻り出し

まずは一次試験

学科の勉強に時間を費やしてきました。

 

 

目標は8割越え!

(後ほど8割の理由をお話しますね。)

 

10月13日(日) 一次試験

二度目に訪れた関西学院大学のキャンパス。

 

 

 

気持ちが引き締まります。

 

一次試験は160分のマークシート試験です。

 

目新しい問題や迷った問題はあったものの

その夜自己採点した結果は83%の正答率。

 

試験の合格ラインは毎年公表はされていませんが、

72〜75%あたりと予想されています。

解答欄をまるまる一行間違えたりしていない限り一次試験は通っているはず。

 

ほっ。

 

その日は久しぶりにテキストを開かずに休みました。

疲れと安堵からぐっすり。。。

 

そして

翌日から二次試験の勉強を本格的に始めました。

 


 

これから

インテリアコーディネーターの試験を受けようという方がいらっしゃったら

私からひとつアドバイスをさせてください。

 

一次試験は模試を受けられることをオススメします。

もしくは一度も手をつけていない過去問題

これで8割とれることを目標にしてください。

 

え?

なぜ合格ラインが72〜75%あたりなのに8割もとらないといけないの?

 

それは一次試験の合否結果発表から二次試験まで

3週間足らずしかないからです。

 

合否結果が出てから二次試験の勉強をはじめたのでは間に合いませんし、

一次試験が通っているのか不安なままでは

二次試験の勉強に身が入りません。

 

一次試験は7割の壁があります。

 

ひと通り勉強して、ある程度の知識がつき

また過去問題を繰り返し解いて行くと

問題と答えが組み合わせで頭に入っていきます。

 

結果、7割くらいまで取れるようになるのは

比較的スムーズだと思います。

 

そこから先は

【本当に理解できているか】

それが分かれ道になります。

 

マークシート試験であっても

決して当てずっぽうでは8割とれません。

 

【ある程度】のところで油断しないこと。

 

そこからのもうひと頑張りが

一次試験突破への鍵になります。

 

頑張ってください♡

 

二次試験レポート②は私が使った教材について書こうと思います。

それではまた♡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です