私の仕事は縫製工場の事務です。

メーカーさんのオーダーカーテンの受注から現場へ指示を廻す仕事をしています。

 

もちろん納期がありますから、いかに的確かつ迅速に廻せるかがポイント。

基本的な情報はデータでいただくので、そのまま指示書として現場に廻せるものもあるのですが、イレギュラーも沢山あります。

 

ファックスで変更内容が届いたり。

お客様からの図入りの仕様書がメールで届いたり。

 

大切なのは
絶対に早合点しないこと。

 

思い違いでのミスが一番勿体ない。

先入観を持たずに仕様書を確認し、

少しでも疑問に思う点があれば確認させていただきます。

そしてお互いに貴重な時間ですから、的確でムダのない確認。それを心がけています。

それがまず【受注】の仕事。

 

それから【現場へ指示書を廻す】仕事です。

イレギュラーのカーテンだって、すべてがイレギュラーなわけではありません。

何がいつもと同じで

何がいつもと違うのか

どう指示をすれば一番現場をスムーズに流れてくれるのか。

 

文字や図だけで伝えることは難しく

最初は苦戦しました。

思い違いがあればそれが即ミスにつながってしまう。

私の責任は大きい。

 

失敗やヒヤッとしたこともありました。

そんな時

こんなに考えて考えて指示したのに、なんでわかってくれないの?なんて

私の言いぶんをつい言いたくなることも。

 

だけど、自分だけの理解ではいけない。

自分の思う【わかりやすい】が人にとってもそうだとは限らないのです。

 

【誰が見ても同じように理解できる】ということはとても大切です。

 

そのためには相手の立場になって考えること。

自分の【当たり前】という先入観抜きで考えてみること。

 

この仕事上での考え方は

普段の自分の考え方にも大きく影響しています。

難しいことだけど大切なこと。

 

 

自分の当たり前は

同じように

他人の当たり前だとは限らない。

 

 

さぁまた新しい1週間。

あなたにとっても私にとっても

笑顔咲く1週間になりますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です