『遮光1級がさらに5段階に分類』

 

6月25日、NIF(日本インテリアファブリックス協会)から発表がありました。

 

遮光の階級については以前にも記事にしたことがありますが

(その時の記事はこちら→“遮光カーテンにも種類があるんです。”

遮光は1級、2級、3級という3段階に分かれており、

その中で最も等級の高い遮光1級はファブリックメーカーによってさらに独自の段階分けをされたり、とこれまで消費者には比較のしにくい評価基準でした。

 

このたびこの5段階の細分化が統一されることになり、

どのファブリックメーカーの生地においてもこれが共通した基準になります。

 

【遮光カーテンの遮光評価方法】NIF法(特許 第5437308号)

(NIFホームページより抜粋)

 

 

NIFという協会はカーテンやその他の窓装飾、カーペット、壁紙などインテリアファブリックを扱うメーカーが集まる協会です。

インテリアファブリックス業界の取りまとめをする機関です。

そのNIFで今回この基準が発表されました。

 

各メーカーは今後この共通の基準で商品の判定をし、消費者へ提示することになるでしょう。

そうするとメーカーが違う生地でも遮光性の比較が容易にできるようになるんです。

 

 

他社との競争や差別化はビジネスにおいてもちろん大切ですが

業界全体のことを思えば、統一化が必要な部分もたくさんあります。

 

NIF関係者の皆様

今後も消費者のニーズを一番に考えて業界全体を引っぱっていただきたいと思います。

 

 

まず一歩。とても嬉しく思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です